読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

楠木建と内田樹

大学時代、私は政治哲学を専攻していました。卒論のタイトルは「戦後責任論再考」です。戦後責任論の議論では左派、高橋哲哉が有名です。戦後責任論 (講談社学術文庫)作者: 高橋哲哉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/04/09メディア: 文庫購入: 4人 クリ…

起業家と野心家にオススメの本 ビジネス・クリエーション! ビル・オーレット

ビジネス・クリエーション! ---アイデアや技術から新しい製品・サービスを創る24ステップ作者: ビル・オーレット,月沢李歌子出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2014/12/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るいま、プ…

子育て論から幸福論まで『好きなようにしてください』 続き

本当に面白い本です。内田樹先生の「疲れすぎて眠れる夜のために」以来の衝撃です。まだまだ紹介したい言葉が沢山あります。 P106 自分の中の「機が熟した感」、これがキャリアについての意思決定にとってとても大切だというのが僕の見解です。 よく直属の先…

それを言っちゃおしめーよ、な悩み相談『好きなようにしてください たった一つの「仕事」の原則』  楠木建

このブログに紹介されて手に取った本です。御多分に洩れず、私も衝撃を受けました。素晴らしい本を教えてくださってありがとうございますShinさん。www.outward-matrix.com 読み終わった瞬間、2週目を読み始めたビジネス書はこれがはじめてかもしれません。…

一日でざーっと読んだビジネス本

本好きあるあるだと思うのですが、歴史小説を読みたい時期、哲学書を読みたい時期、どうしてもドストエフスキーのクドイ文体が読みたい時期など周期的に来るものですよね。ちょっと前までドゥルーズとかニーチェとかに挑戦していたのですが、さっぱりピーマ…

『自分のアタマで考えよう』を読んで「考える」とはどういうことか考えてみよう

はてなブロガーの有名人ちきりんさんの本です。ブログはよく読むけれども、著書は読んだことがなかったので、メルカリで買ってみました。なのでちきりんさんには印税が入りません。すいません。ブログで紹介するので許してください。自分のアタマで考えよう…

私の人生を変えた一冊『日本を捨てて、日本を知った』

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 今では読書記録を付ける為にブログを書くほど、本が好きな人間になりましたが、高校生までは全く本を読まない人間でした。こまったさんシリーズとかずっこけ三人組とか怪傑ゾロリとか、小学校の授業の図書の時間に…

存在と時間 哲学探求1 永井均

存在と時間 ――哲学探究1作者: 永井均出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/03/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る学生時代、ウィトゲンシュタイン入門を読んだことがあり、名前だけは知っていた永井均。この人の問題意識にひたすら付き…

熟年夫婦に読み聞かせたい小説「未成年」

未成年 (新潮クレスト・ブックス)作者: イアンマキューアン,Ian McEwan,村松潔出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/11/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る『贖罪』という英文学史に残る傑作を残した作家、イアン・マキューアンの最新翻訳…

ファッション指南マンガ『服を着るならこんなふうに』

服を着るならこんなふうに (1)作者: 縞野やえ,MB出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/12/10メディア: コミックこの商品を含むブログ (2件) を見るどんな服を聞いたら良いかわからない男性向けのマンガです。これ一冊読んだだけで、無難な格好は…

地雷女の見分け方 『幸せスイッチ』/小林泰三

幸せスイッチ (光文社文庫)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 光文社発売日: 2015/04/09メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見るロジカルホラーの名手・小林泰三先生の短編集です。普通、「なんだかわからないもの」に対して人は恐怖を感じます。幽霊…

ウケる技術

ウケる技術 (新潮文庫)作者: 水野敬也,小林昌平,山本周嗣出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2007/03メディア: 文庫購入: 23人 クリック: 159回この商品を含むブログ (67件) を見るコミュニケーションの教科書を銘打っていますが、これを読んでもウケる人にはな…

ストーナー / ジョン・ウィリアムズ

ストーナー作者: ジョン・ウィリアムズ,東江一紀出版社/メーカー: 作品社発売日: 2014/09/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (26件) を見る第一回日本翻訳大賞に選ばれ、静かなブームとなっている一冊です。舞台は半世紀以上前のアメリカ。ビジネス街…

葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫) 作者: 歌野晶午 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/05 メディア: 文庫 購入: 40人 クリック: 204回 この商品を含むブログ (365件) を見る 世界崩壊系どんでん返し小説で必ず話題になる一冊です。 正直言っ…

異邦の騎士/島田荘司

異邦の騎士 改訂完全版 作者: 島田荘司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1998/03/13 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 144回 この商品を含むブログ (90件) を見る とにかく面白い!ぐいぐい引き込まれる!天才だな島田荘司は。 浮世離れした天才占星術師…

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 作者: デイヴ・アスプリー,栗原百代 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/09/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る どこの本屋でもビジネス本ランキングのTOP3に飾っ…

殺戮にいたる病/我孫子武丸

殺戮にいたる病 (講談社文庫)作者: 我孫子武丸出版社/メーカー: 講談社発売日: 1996/11/14メディア: 文庫購入: 41人 クリック: 522回この商品を含むブログ (229件) を見る 読書愛好家の中では必読の本です。あるカテゴリーの中で非常に有名だと聞いて買った…

ヘブンメイカー スタープレイヤー(2)/恒川光太郎

幻想世界の名手・恒川光太郎の最新作で、以前紹介したスタープレイヤーの続編です。 どんな願いでも10個だけ叶えることが出来るスタープレイヤー。今回は様々な登場人物の視点で、また様々な時系列の並びで物語が紡がれます。それぞれの物語がどう関連付け…

占星術殺人事件/島田荘司

謎解きしようとする読者はバッター。作者はピッチャー。いくつかの見せ球を混ぜながらも、全てストレートで最後は空振り三振を取りにくる、そんな正統派ミステリーです。 いろんな情報が出てくる。登場人物もわんさか出てきて、平凡な私の頭では、何が問題で…

「読まなくてもいい本」の読書案内 ――知の最前線を5日間で探検する /橘玲

分野横断的に知の最前線を覗ける良本です。テーマは複雑系・進化論・ゲーム理論・功利主義等。知の歴史を辿りながらどんな議論がなされてきたか臨場感を持って体感できます。「読まなくてもいい本」と言われると、逆に読みたくなるのが人の性というもので、…

アドラーの心理学 嫌われる勇気

話題になったのはもう2年前なのでしょうか。本屋でいつも大きく宣伝されていたのですが、タイトルに魅かれなかったので手に取ることはありませんでした。だって「嫌われる勇気」という本をタイトル買いするということは、”今は嫌われる勇気がない→みんなに好…

あの根源的問題について⑥ ハイデガー=存在神秘の哲学/古東哲明

「次はハイデガーに迫る」と書いたエントリーからもうすぐ一年が経とうとしていますね。ハイデガーの本は、1月時点ですでに読んでいたのですが、なかなかまとめるのに骨が折れそうだと思い、保留にしておりました。もう年末ですし、年初に掲げた課題はここ…

ワンダー Wonder/ R・J・パラシオ

ワンダー Wonder 作者: R・J・パラシオ,中井はるの 出版社/メーカー: ほるぷ出版 発売日: 2015/07/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 各所で話題沸騰。今年のスゴ本にも取り上げられたり、大手の書店では特設コーナーも出来ておりま…

呪文/星野智幸

呪文 作者: 星野智幸 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/09/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 最近話題になっている本です。ただこの小説を「現代社会の闇」とか「日本社会の縮図」とか言ってのけるのはあまりにも浅薄な発…

あなたが消えた夜に 中村文則

あなたが消えた夜に 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2015/05/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 出版社に務める友人が”前半のミステリータッチと後半の心情メインのギャップがすごい”と大絶賛していた本です。…

記憶破断者 小林泰三

記憶破断者 作者: 小林泰三 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/08/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 独特の切り口で恐怖と異次元のワンダーランドを書いてきた小林泰三先生の最新作。今回、小林先生の明晰な頭脳によって解体され…

サラバ! 西加奈子

サラバ! 上 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2014/10/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (22件) を見る サラバ! 下 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2014/10/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (17件) を見…

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方

すばらしい参考書です。これ一冊あれば、webサービス周辺の権利問題は網羅できるのではないでしょうか。少なくとも私が懸念していた数々の事項はこの一冊で全て解決したような気がします。私が手がけているwebサービスに関係ありそうな著作権関係の本を3、4…

なぜ私だけが苦しむのか/H.S.クシュナー

新婚旅行のハワイ滞在中に読んだ本書。普通なら人生最高の瞬間と言って良い新婚旅行に、しかもハワイで、この本を手に取っている私の心境は容易に察せられると思いますが、そのことはひとまず置いておきます。 この本のメインテーマはタイトル通り。もっと丁…

困難な成熟/内田樹

最近仕事を抑え気味の内田先生。いつも「誰も言わなそうなこと」を選択的に語ってきた内田先生ですが、最近は「誰も言わない」が正しいことではなく、「誰も言わない」不確かなことを語るようになってきた気がします。この本でも、かなり極端な語り口が多く…

僕は愛を証明しようと思う/藤沢数希

ぼくは愛を証明しようと思う。 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/06/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る すごい本です。ひどい本です。でもすごく面白い本です。久しぶりに一気読みできる本に出会いました。独身の…

椿姫/デュマ・フィス

椿姫 (光文社古典新訳文庫) 作者: アレクサンドルデュマ・フィス,Alexandre Dumas fils,西永良成 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2008/08/07 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログ (17件) を見る 中世版”セカチュー”というか、『世界の中心…

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト /大塚寿

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト 作者: 大塚寿 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2012/09/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 3人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (4件) を見る そろそろ結婚したいなと思ってい…

文系の壁/養老孟司

最近、何を読んでも面白くなくて途中で投げ出してばかりです。こういう時は内田先生の本を読むに限るのですが、最近活動を自粛されてか本もあまり刊行されないので、養老孟司さんの本を手に取ってみました。 活躍中の4人の理系出身者との対談集。 どの対談…

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論/堀江貴文

「絶歌」が出版されることの是非が問われているけれども、別の意味でこんな本出していいのかという問題定義をしたくなる本です。まず堀江貴文著と言っていいのか。この本は各分野で個性的な成果を発揮している成功者が自身の半生や仕事観を語っているものを…

考具/加藤昌治

最近、仕事で頭を使うことが多いのです。何も決まったことがない中、0から考え始めなきゃいけない状況に置かれます。 流れ作業で決まったことをテキパキやるのは楽だし、達成感もあるので、昔から、結構好きです。今までの会社人生でも、決められたことを決…

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

マッキンゼーの元社員が書いたマッキンゼーの紹介本です。内容は前読んだ「コンサルティングとは何か」とほぼ同じ。コンサルタントはマジ天才、マジ激務だけど喜びはひとしお、論理的思考と体力が肝、等。 この本を読んだ後、仕事で本当にマッキンゼーの方と…

コンサルティングとは何か/堀紘一

今、社内でコンサルティング会社を起用してみようかという話が出ており、どんなものなのか事前学習してみました。ドリームインキュベータの創業者で元BCGの社長、堀紘一の本です。 全ビジネスマン必読と帯には書いてありますが、この本は”まだ社会に出ていな…

心を蝕む悪魔の書『ドリアン・グレイの肖像』/オスカー・ワイルド

呪いの書と言って良いかもしれません。人の生命力を削ぎ、邪念を亢進する言葉を呪いの言葉というのなら、この本は呪いの言葉が綴られた呪いの書です。 悪い本とか、読むべきでない、と言っているのではありません。むしろ全人類必読の書と言って良いほどです…

この闇と光/服部まゆみ

何度でも読みたくなる珠玉のミステリーと評判の本書。楽しい本が読みたくて、衝動買いしました。 盲目の王女レイアとクーデターにより王位を剥奪されたお父様のメルヘンチックだけど、どこか不気味な日常。 お話の中で、本を読み聞かせる場面が多々出てくる…

旅のラゴス/筒井康隆

面白い小説を挙げろ、と言われたら必ず話題に登る本書。古い本なのに、なぜか最近、書店で押されており、良いタイミングなので読んでみました。 タイトル通りラゴスが世界中を旅するお話。ここは科学が進歩する代わりに、瞬間移動や壁抜けなど、ちょっとした…

イニシエーション・ラブ/乾くるみ

ラスト二行で世界がひっくり返る驚愕のラブストリーというお触れで、大きな期待を抱き読み始めました。3時間もあれば、読み終わる、とても読みやすい。社会人になってから遠距離恋愛、お金を節約するために疲れ果てて、会ってもケンカばかりの日々、なんて…

あの根源的問題について⑤ 仝/佐々木中

仝: selected lectures 2009-2014 (河出文庫) 作者: 佐々木中 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/02/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 佐々木中のスゴイ本です。「ドウ」と読みます。2009〜2014までの講演を編集文庫化したも…

脳はどこまでコントロールできるか/中野信子

また中野信子。 脳の働き方を知っておけば、自分(と他人)の感情や行動をうまくコントロールできるかもしれない、というハウトゥ本です。文章は平易で、「〜だと思いませんか?」とか「〜なのでしょう」とか、あいまいな表現が多いです、この本は学術書では…

孤独の価値/森博嗣

幻冬舎新書が来てます!2冊連続! 最近、”孤独”について考えることが多く、ちょうどこんなタイトルの本があったので読んでみました。 この本が説く”孤独の価値”とは単純明快。孤独な時こそ、人間の創造性が最大に発揮される、という点です。どんな発明も、…

脳内麻薬/中野信子

新進気鋭の脳科学者・中野信子の新書です。人間の行動原理を脳内麻薬ドーパミンによってクリアカットに説明してくれる良書です。というか、価値観を揺さぶってくる毒本です。 この本で言いたいことはたった一つ。アルコール、タバコ、パチンコ、競馬、ゲーム…

愛するということ/エーリッヒ・フロム

愛するということ 作者: エーリッヒ・フロム,Erich Fromm,鈴木晶 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 1991/03/25 メディア: 単行本 購入: 33人 クリック: 227回 この商品を含むブログ (120件) を見る 『自由への逃走」で有名な社会学の大家フロムの『愛…

我が闘争/堀江貴文

我が闘争 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/01/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 敵を作ろうとしているとしか思えないタイトルは相変わらずの調子です。どう考えても、ヒトラーの『わが闘争』とかけている。この…

アイデア・メーカー/山口高弘

アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集 作者: 山口高弘 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/01/09 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 私は私で個人的にwebサービスの開発→独立を夢見…

弱いつながり 検索ワードを探す旅/東浩紀

弱いつながり 検索ワードを探す旅 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/07/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (41件) を見る また東浩紀のエッセイです。なんと「今の自分を変えたい人のための自己啓発本」です。この本で、東浩紀は…