「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

小説

屍人荘の殺人 今村昌弘

屍人荘の殺人作者: 今村昌弘出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2017/10/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (24件) を見る数々のミステリー関連の賞を総なめにしている本書。作者は新人らしいですが、とても新人とは思えない実力です。荒々しい舞台設…

滅びの園 恒川光太郎

滅びの園 (幽BOOKS)作者: 恒川光太郎出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/05/31メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 日常世界に不思議を織り交ぜるTHE恒川ワールド全開の物語です。パワハラ上司に愛のない妻、くだらない日常生活に嫌気がさした鈴…

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた作者: 宿野かほる出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/08/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見るアメトークで話題になった本です。文章はすべて、SNSのメールのやりとりなのでさらさら読めます。坂本裕二…

代償 伊岡瞬

代償 (角川文庫)作者: 伊岡瞬出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/05/25メディア: 文庫この商品を含むブログを見る幸せな家庭で恵まれた生活をおくる主人公、圭輔。その幸せに不穏な空気をもたらす親戚の達也。 この二人の幼少期~青年時代のお…

アイ 西加奈子

i(アイ)作者: 西加奈子出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2016/11/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件) を見るボランティアしたり、募金したりするのが生きがいの意識高い夫婦の養子として迎えられた女の子アイのお話。シリア難民、LGBTに悩む女性…

恐怖小説キリカ

恐怖小説 キリカ作者: 澤村伊智出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/01/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る澤村伊智の最新作。 貴志祐介の紹介文さえ、この本の構成要素のひとつである、という不思議な小説です。 サイコホラーは「理解不能」…

マジ怖小説『ぼぎわんが、来る』

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/02/24メディア: 文庫この商品を含むブログを見る角川ホラー大賞を取ったマジで怖い小説です。マジで怖いです。 駅前の本屋で買って、読み始めたら怖すぎて家に帰れな…

読後3日間寝込み小説『イノセント』

イノセント・デイズ (新潮文庫)作者: 早見和真出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/03/01メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る 読後3日間寝込むという売り文句は言い過ぎではないほど、強烈な印象を残す小説です。語り口はなめらかで、物語の展…

R帝国 中村文則

R帝国作者: 中村文則出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/08/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る 全力小説家、中村文則の最新作です。 過去の「教団X」ほど話題になっていないのはなぜだろうと思っていましたが、ちょっと読んだ時…

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。作者: 小林泰三,YKBX出版社/メーカー: 一迅社発売日: 2017/06/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る小林泰三先生の最新作。 生物がゾンビ化する世界を、小林泰三的にロジカルに、屁…

たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に

たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に (祥伝社文庫)作者: 佐藤青南出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2017/12/13メディア: 文庫この商品を含むブログを見る一気読み必死という謳い文句の恋愛ミステリー。ラノベっぽいやれやれ系主人公、何の魅力もない…

一気読み必死『往復書簡 初恋と不倫』 坂元裕二

久しぶりの読書記録です。激動の一ヶ月間だったので本を読むどころではなかった、というのと「こんなに本を読んでるのにお前は何を勉強してたんだ」という父親からのするどいツッコミを受けて、少し本から遠ざかっているという事情もあります。小説は異なる…

どちらも最高!映画『君の膵臓を食べたい』と小説『君の膵臓を食べたい』

浜辺美波主演の映画『君の膵臓を食べたい』があまりに衝撃的だったので、同じ勢いで小説『君の膵臓を食べたい』を一気読みしました。君の膵臓をたべたい (双葉文庫)作者: 住野よる出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2017/04/27メディア: 文庫この商品を含むブ…

手に汗握るバトルが見所『魔法少女育成計画』

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)作者: 遠藤浅蜊,マルイノ出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2012/06/08メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 317回この商品を含むブログ (64件) を見る表紙からして、電車で読んでいると白い目で見られること…

大ドンデン返しの教科書『仮面山荘殺人事件 東野圭吾』

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1995/03/07メディア: 文庫購入: 22人 クリック: 362回この商品を含むブログ (112件) を見る東野圭吾の本ではかなり有名な部類に入る大ドンデン返し系ミステリーです。正直、スト…

非日常で英雄を気取りたいなら『不夜城』を読め!

不夜城 (角川文庫) 作者: 馳星周 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1998/04 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 25回 この商品を含むブログ (71件) を見る ハードボイルド小説の名作です。主人公健一は新宿歌舞伎町を根城にする故買屋。いわゆる盗品を売…

入れ子状の純愛『本格小説』 水村美苗

本格小説〈上〉 (新潮文庫)作者: 水村美苗出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/11/27メディア: 文庫購入: 22人 クリック: 201回この商品を含むブログ (102件) を見る本格小説〈下〉 (新潮文庫)作者: 水村美苗出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/11/27メデ…

若者の退廃と虚無感を感じる『銃』 中村文則

銃 (河出文庫)作者: 中村文則出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2012/07/05メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (9件) を見る暴力団が落とした銃を手にすることで心が蝕まれていく大学生の青年の心模様を丁寧に描いた作品です。…

月と六ペンス サマセット・モーム

英文学の古典『月と六ペンス』を読みました。 月と六ペンス (新潮文庫) 作者: サマセットモーム,William Somerset Maugham,金原瑞人 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 天才画家ストリックラン…

真の絶望は愛情から生まれる『遮光』/中村文則

遮光 (新潮文庫)作者: 中村文則出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/12/24メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (10件) を見る幼いころに両親を亡くした主人公。大学生になり出逢った彼女も交通事故で亡くす。彼女が亡くなったことを…

中二病につける唯一の薬『迷宮』/中村文則

読み過ぎ。うん、わかってる。バランス悪いくらい読んでいる。分かっている。でも、『土の中の子供』『最後の命』はキツかったけど、この本は大丈夫!迷宮 (新潮文庫)作者: 中村文則出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/03/28メディア: 文庫この商品を含む…

生きることは愛情を失い続けること『最後の命』 / 中村文則

もう辛い。中村文則の本、辛い。最近元気が湧かないのは中村文則の小説世界に自分の人生を取り込まれているからに違いない。 でも読まずにいられない。登場人物がどんなことを思い、何を感じ、どう生きていくのか見届けずにいられない。 最後の命 (講談社文…

土の中の子供 /中村文則

虐待された過去を持つ主人公の一人称語り小説です。中村文則の源流的な作品と言っていいかもしれない。 土の中の子供 (新潮文庫) 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/12/21 メディア: 文庫 クリック: 21回 この商品を含むブログ (29件) を…

It's a wonderful world 『教団X』 / 中村文則

毎回、同じ事を言っているようですが、毎回異なる感動に突き動かされています。 凄まじい本です。しばらく他の小説を読みたくなくなるほど。 教団X 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/12/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (23件…

幸せの本質とは?『悪と仮面のルール』/中村文則

中村文則が止まりません。仕事は朝から晩までめちゃくちゃ忙しい。家は毎日、嵐が吹き荒れる。身体は毎朝悲鳴をあげ、世の中は悲惨なニュースで溢れている。でも、通勤の電車で、お風呂の中で、寝る前のベッドで、休日に朝食をとりながら、中村文則ワールド…

あなたの価値観をぶっ壊す解体小説!『王国』/中村文則

私の価値観をぶっ壊した小説『掏摸』の姉妹小説です。王国 (河出文庫 な)作者: 中村文則出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2015/04/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る社会的要人の弱みを作り出す闇の仕事に従事する主人公、ユリカ。 バ…

思い出したくない過去を持つ人は絶対読むべき『何もかも憂鬱な夜に』/中村文則

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)作者: 中村文則出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/02/17メディア: 文庫 クリック: 43回この商品を含むブログ (28件) を見るハマりまくってます中村文則。この本も一気読みです。 施設で育った主人公は刑務官。同じ施設で…

あなたを塗り替える小説『掏摸』/中村文則

本を読むのが好きというと、若い頃は「偉いね」と褒められることがありました。今でも先輩や上司に「今時本を読むやつは珍しいな」と言われたりします。でも、私にとって読書はご飯を食べたり、歯を磨いたり、風呂に入ったりするのと同じように、当たり前に…

夜明けの街で 東野圭吾

夜明けの街で (角川文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/07/24メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 50回この商品を含むブログ (105件) を見る深キョン主演で映画化された不倫ミステリー小説です。優しくも…

最近読んだラノベ

色んな本を読みます。最初に本を読み始めたのは国際政治の本でした。中国を読み解く!とかロシアの不思議!とか。当時は海外に憧れていたので、日本を捨て、どこの国で働こうか考えるために、そんな感じの本ばかり読んでいたのです。その後、司馬遼太郎の歴…