「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

2012-05-23から1日間の記事一覧

電子書籍と2次元女性について

書物は情報を伝達する媒体に過ぎない。そうであるなら、当然、情報を伝達する媒体そのものの形状はどんなものでも構わない。ただ、情報量は多ければ多いほどいいし、物の大きさは小さい方が良い、質量は軽いほうが良い。その全ての条件において、電子書籍は…

人造救世主 アドルフ・クローン

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)/小林 泰三 ¥660Amazon.co.jp 過去と現在が行き交う物語構成。どうして主人公ヴォルフは英雄になろうと思ったのか、どうして戦うのか、その理由が明かされる。 結構、コテコテの展開で、最後は「ソードマス…