読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

うまくいっている人の考え方 完全版 ジェリー・ミンチントン

ビジネス本

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

最近、自己啓発本ばかり読んでいます。きっと心が弱っているのだと思います。

この本は「自尊心」を高めるための考え方が100通り紹介されています。文字数も少なく、平易な言葉で綴られているのでお風呂の中でリラックスしながら読むのにオススメです。中でも心に響いた言葉を紹介します。

長所に意識を集中すれば、それはもっと伸びる

自分の長所について考えさせられる機会は人生に数度しかありません。就職活動と転職活動のESを書く時です。本当は就職後、仕事を通じて変化した自分の長所を定期的に確認しても良いのかもしれません。ゼロ秒思考のメモ書きで定期的に自分の長所は何か書き出してみましょう。「そういえばこういうところ良いなぁ」と思えるトコロが一つでも増えれば、自分の事が好きになる気がします。

いやなことを言う人は相手にしない

自分の事が嫌いなのか、いちいち嫌味な人っているものです。でもその人は故意に私を嫌な気持ちにさせようとしているのだから、それでこちらが真に受けたら相手の思う壺です。相手にしないのが一番です。

たくさん失敗してたくさん学ぶ

失敗は成功の母という意味で、失敗をポジティブに捉えるのも良いですが、さらに一歩進んで考えてみます。失敗した時のこの絶望的な感情を括弧に入れます。「おれいまこんな感情になっている」と一歩引いた自分を作り出す。すると「こんな激しい感情を経験できたというのは、人生の醍醐味を味わっているな」という興奮を感じます。ここまでくれば失敗も成功もなんでもアリです。人生なんてなんでもアリなのです。

毎日、5分間幸せを意識的に感じる練習をしてみよう

自分の人生で幸せだった瞬間を思い出しましょう。幸せな気持ちになります。何度味わったって良いんです。何回も思い出して幸せをいっぱい感じましょう。メモ書きで書きまくっても良いですね。どんなにしょうもない人生でも過去に幸せだった瞬間くらいあるものです。学校の帰りにエロ本を拾った時の興奮、真夏の運動後に飲んだサイダーの美味さ、内定をもらった時の喜び、大きな商談を決めた時の肯定感、何回思い出してもタダです。幸せだった瞬間で頭をいっぱいにすること。それが幸せを感じるコツです。

自分の思うように相手が行動することを期待する権利を持っている人がこの世に存在するだろうか。

「人の気持ちがわかってない」「全然わたしのきもちがわかってない」と妻に言われ続けている私に勇気を与える珠玉の一言です。「知らねえっつうの」と言い返しましょう。相手も私の思い通りに行動してくれないのですから。

他人に高く評価されることが重要だと考えているなら、その願いはそう簡単にはかなえられない。

他人から評価されるのは嬉しいものですが、それを生きがいにするのはやめましょう。他人の行動を自分が決められるわけがないのだから、他人の評価だけを気にして生きていても長続きはしません。でも自分なら自分のことをずっと評価してあげられる。自分を好きになる具体的かつ効果的な方法、それが筋トレとファッションです。身体を鍛えて、自分に似合う服を着ましょう。それだけで前の自分よりも少し好きになるはず。自分が好きになるとどんなことにもポジティブになれます。

自分の感情は自分の責任 他人の感情は他人の責任

自分の行動によって相手がどう思うかは、相手次第です。自分が良いと思ってやったことに対して、相手が嫌な感情を抱くこともある。逆に、自分がなんとも思っていないことに相手が感謝したり、驚いたりするものです。自分でコントロール出来ないものに関して、自分が責任を追うことは原理的に不可能です。気にするのをやめましょう。

「いい」「悪い」という判断は存在しない

私にとって悪いことも相手にとっては良いこと、その逆もある。運が良いも悪いも捉え方次第です。犬を飼っている私にとっては雨は最悪ですが、傘屋さんや運動会を控えている運動オンチの子供にとっては雨は至福なのかもしれません。

自分の望み通りに他人は振舞ってくれないという事実を受け入れる。自分に危害が及ばない限り、他の人をあるがままに受け入れ、変えようとしない。

結婚生活にしてもビジネスにしても利益が相反する相手とのネゴシエーションは非常に心が疲弊します。最近、そんなことばかりなので、今疲れているのだと思います。この考え方が人生の真理ですね。他人は自分ではない。それを受け入れて、なんとか落とし所を見つけていきましょう。


生きる上で、大事なことがたくさん書かれている良い本だと思いましょう。心が疲れている方にどうぞ。

ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める 西垣通

自然科学

最近のバズワード人工知能」の可能性について冷静に分析された本です。

昨今では、どの業界でも「人工知能」が話題になっています。機械が自ら学び知能を深めていく深層学習(ディープラーニング)によって、機械の知能が人間を追い抜き、世の中のあらゆる仕事がロボットによって代替されるであろう、という未来予測もにわかに囁かれています。そんな楽観的?悲観的?というか極端な人工知能論に否を突きつけるのが本書です。本書のポイントは3つ。


1、深層学習のからくり

1950年代に第一次人工知能ブーム、1980年代の第二次人工知能ブームがありました。第一次人工知能ブームは厳密な論理処理によってスピーディーに回答を導き出すものです。オセロなどの単純なゲームでは成果を出し、今後の発展が期待されました。しかし、将棋などの複雑なゲームや翻訳、売上予測など厳密に論理処理できない活動には全く太刀打ちできませんでした。そして第二次では論理ではなく知識を活用することになります。過去にどんな事例があったか、常識的にはどんな判断が多いのかを織り込んで回答を導き出すのです。しかし、どんなに論理計算を早めても、知識を詰め込んでも、刻々と変わる現実に対応しきれる人工知能は生まれない。そこでビッグデータによる「統計」という考え方が出てきたわけです。過去の事例、さらにこれからも出てくる事例をどんどんデータベースに詰め込んで、論理と知識と統計によって「大体合っているだろう」という回答を導き出せるのが第三次人工知能ブームの考え方です。つまり革新的な技術開発が人工知能のレベルを推し進めた訳ではなく、データ処理が早くなったのでビッグデータを集計できるようになり、過去の事例からそれっぽいものを導き出せるようになり、「厳密には合ってるかわからないけど、大体合ってればいいだろ」と開き直ったことが新たな道を切り開いた訳です。



2、機械と生命の違い

P201 生物は現在の状況に応じた柔軟な問題設定と情報の意味解釈によって生きていく自律的存在であり、他方機械は指令通りのアルゴリズムで過去のデータを形式的に高速処理する他律的存在である。おもてむき自律的に見える人工知能ロボットも、内実は過去のデータを統計処理して問題を解決するにすぎない

この一言が全てです。どんなに複雑な情報処理をしたところで、問題設定や概念規定を機械が行うことは絶対にありません。なぜなら問題設定とは人間が生きるために立ち現れる問題のことであり、概念規定とは人間がこの世界をどうとらえるかによって変わるものだからです。なので機械が人間に代わってそれらを行える訳がないのです。「いやいや人間だって自分以外の人間は意識があって世界をとらえているのか」なんて証明できない。とすれば、機械にだって問題設定、概念規定はできるんじゃないか?という考え方もありえます。でも、その世界観を前提に持つと、いま現在の世界ですら、自分以外は機械のような得体のしれないものであふれた世界なので、機械の時代が来ようが来まいがどっちでも良いことになります。なので、その前提は人工知能論では不要です。


3、人工知能の使い方

人工知能ではなく知能増幅を!というのが著者の考え方です。問題設定や概念規定を行うのはこれからも人間であり続けるので、機械は人間の判断を助けるために過去の知識、経験を論理処理して最もそれらしいアドバイスをする、そういう使い方に限定されるべき。つまり、いま現在の人間と機械の関わり方の延長ですね。



文章の中には欧米に対する「一神教の考え方」という判定が随所に見られるのが少し乱暴ですが、とても勉強になりました。

シェアリング・エコノミー Uber,Airbnbが変えた世界  宮崎康二

ビジネス本

シェアリングエコノミーについつ扱った書籍は海外のものが多いですが、日本人が書いた書籍の中でもっとも読まれているのが本書ではないでしょうか。ってか、著者が若い!

 

 

シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界

シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界

 

 

自分よりずいぶん若い人が結果を出していく世界に若干凹みながら読み終えました。正直なところ、シェアリングエコノミーに対する熱い想いが先行しすぎて、論理的によく分からないところがあったりします。カーシェアリングは台あたりの走行距離が伸びるから需要を減らすものではないと言った後に、値段が高いから他の交通手段を使うインセンティブが働き環境に良い、など。

 

とは言え、この情報収集能力は大したもんです。既に世の中には家事のシェアから犬の散歩シェアまでされてるんですね。(妻シェアリングもプレステージでよく出てます。)

 

日本だけ規制が厳しいからUberが普及しないのかと思ってたら、ドイツやフランスでも規制されているとか、Airbnbは違法だが当局は黙認しているのが現状、とか色々勉強になりました。

 

今まで知らなかったのですが、日本ではタクシーの運転手をするには第2種運転免許が必要なんですね。肌感覚としてタクシーの運転手って、すごく運転が下手だと思っていました。たいていの運転手は急発進急ブレーキばかりするので、いつも酔ってしまいます。初乗りでも酔います。第2種運転免許のテストはどれだけ短時間にお客を酔わせることが出来るかという試験でもあるのでしょう。

 

たぶん研究書としては、シェアリングエコノミーを導入することによる既存事業への影響とかユーザーベネフィットとの比較とか、どんなトラブルが想定され、どうやって解決していくのか、まで踏み込むべきなのでしょう。 この本だけではまだ表面的なところしか分かりませんが、入門書としては良書です。

 

 

バイオハザード ザ・ファイナル

映画

新年一本目の映画観てきました。

バイオハザード ザ・ファイナル』

2~3作観た記憶がありますが、全部で何作あって、前作はどんな終わり方だったかもしれません。それでも単純に楽しめる映画でした。以下、ネタバレを含めた感想です。



1、ミラジョボビッチの魅力
アクションが半端ない。100分くらい闘いっぱなし。そして頼り甲斐が凄い。アリスがいれば何とかなるだろう感が凄い。顔がきつ過ぎて、もはや美人なのかどうかも分からないけど、もう我々は彼女にひれ伏すしかない。ゾンビになったらアリスに殺されたい。あとポスターの彼女はめちゃくちゃ巨乳だけど、映画だとそうでもない。フィフスエレメントを観た時も大したことなかったからポスターが加工なんだと思われます。



2、ストーリーがちゃんと収まった
私のおぼろげな記憶によると、「バイオハザード」の世界でゾンビが蔓延したのは自然発生ではなく、「アンブレラ社」という悪の組織の陰謀によるものとされていました。どこの世界に「自社の利益を最大化するために世界を破滅させる」会社があるんだよ、そこで得た富や財貨や権力をどこで使うんだよ、と常々思っていたのですが、そこにはちゃんと解が用意されていて納得しました。ちょっとナウシカに似てますね。



3、ゾンビ量
何が凄いって、量が凄い。ゾンビの量が。だって世界はみんなゾンビ化した訳だから、どこもかしこもゾンビだらけな訳。ゾンビの大群というとふつうのゾンビ映画なら多くても100や200だけど、この映画はそんなもんじゃない。数十万から数百万はゾンビが出てきます。ゾンビ量に関して言えば歴代最高なのではないでしょうか。そんなゾンビ映画マニアじゃないからよく分からないけども。


つまり、普通に面白い映画なので、映画館で見る価値はあります!!

スーツに効く筋トレ

ビジネス本

Testosterone先輩の最新作。

スーツに効く筋トレ (星海社新書)

スーツに効く筋トレ (星海社新書)

Twitterのまとめではなくて、全文書き下ろしです。いつもの筋肉ギャグや筋肉バカキャラが封印され、少し真面目に筋トレの効果を説いた本です。


昨年、読んだ自己啓発本、ビジネス本は十数冊に及ぶけれども、Testosterone先輩の著書が正直、圧倒的に素晴らしかった。

nanikagaaru.hatenablog.com

自己啓発本やビジネス本では主に、考え方や時間の使い方に焦点を当てることが多いものです。すると、少し時間が経つといつもの生活習慣に戻ったり、考える癖が戻ったりします。だから次々と手を替え品を替え色々なビジネス本が流行るのです。一方、このTestosterone先輩の指南は、具体的に「筋トレ」をやれ、というアドバイスだけです。しかも、それが抜群に効きます。頭は冴え渡り、気分は爽快になり、新しいアイデアは生まれ、ストレスは霧散し、普段の生活の中でも分厚い筋肉が自己肯定感(自己陶酔感?)をもたらしてくれます。


こういう風に考えたら良いんじゃない?というアドバイスはなかなか効きません。「Be ⚪️⚪️」というアドバイスですね。
でも、こうやったら良いんじゃない?というアドバイスは直接身体と頭に効きます。「Do⚪️⚪️」というアドバイスです。
よい自己啓発本、ビジネス本の定義は、BeではなくDoを語っているかどうかです。

P39 スーツの上からでもわかるくらい鍛えていると、初対面の人との会話のきっかけになる。昔スポーツをしていた人や、いま現在趣味でゴルフをやっている人、娘のためにカッコいいパパになりたいから痩せたいと思っている人、健康を気にしている人ー。これらの方と意気投合すること必至だ。この場合、上司だろうとクライアントだろうと関係ない。場合によっては一時的に立場を逆転して、先方に有益なアドバイスを送り、先生になれる。中略、ビジネスは、相手から気に入られ、尊敬されたら、たいていはうまく運ぶものだ。

これは本当にそうです。私の場合、筋トレより先にプログラミングに熱中していた時期があって、お陰で部内の誰よりもパソコンに詳しくなりました。エクセルの関数の使い方、ワードでの変種履歴を消す方法、パワーポイントの図形を編集する方法、Outlookで送信確認できるようになるプログラムなど、上も下も関係なくアドバイスをしていたら、部の外の人も含めて色々な人に声をかけられるようになりました。そうすると、みんな「パソコンのことならアイツに聞け」という空気になり、上司、役員クラスにも声をかけられるようになります。結果、上の人しか見れない資料に目を通す機会が増えたり、若手は誰もいない会議に参加できたりするようになりました。うちの会社はITとは無縁の業界だったので、ほんの1、2年の独学プログラミングでここまで成果がありました。一つでも何か負けない分野があると、ビジネス上素晴らしい効果がある、というのは本当そう思います。


私も筋トレをするようになって、人生が変わりました。今日は初パーソナルトレーナーをつけたトレーニングです。どんどん鍛えてスーツの似合う男になりたいと思います。

日本の男女差別が根深い理由

コラム

先日、『好きか嫌いか言う時間』という番組で”日本の男女差別がなくならない”という話題を取り扱っていました。

男女平等ランキング、日本は過去最低111位 :日本経済新聞
男女平等社会を数値化したジェンダーギャップ指数というのは下記4つの切り口から評価しているそうです。

①経済活動への参加と機会
②政治への参加
③教育
④健康と生存率

日本の順位は調査対象144カ国のうち111位。

そこで思ったのですが、日本で男女平等が進まないのは「日本の女性が男性を選ぶ基準が昔(男女差別当たり前時代)から何も変わっていないから」なのではないでしょうか。


結局、日本の女性は
①経済的に自立していてかつ豊かな男性が好き
②リーダーシップを発揮している男性が好き
③頭の良い男性が好き
④健康な男性が好き
なのです。今も昔も。バブル時もリーマンショック後も。


男性は女性にモテるためだけに生きているのですから。男性はモテるために市場で競争し、共同体でリーダーシップを発揮する機会を伺い、一生懸命勉強して知識を蓄え、ジム通いしたりダイエットしたりしているのです。


男女雇用機会均等法以降、この経済的、政治的、教育的競争には女性も加わりました。しかし、その競争で女性に負けている男性を女性はパートナーとして選ぶでしょうか。私は選ばないと思う。だから男性は結託して男性が全てにおいて有利になるように(女性に負けないように)一生懸命仕組み作りをしているのです。


本当に。


女性が一斉に「なまけもので、ハゲテて、太って、だらしなくモノを知らない人を守ってあげたい」という趣向になったら世の男性は会社の経営権も政権も大学の受験票もすべてかなぐり捨てて女性に譲ることでしょう。


いや本当に。


でも、そんなの嫌でしょ?日本の男女不平等社会は日本の女性が願った形、一種の作品なのです。『「女性のくせに」「女性だから守ってあげる」なんて女性蔑視だ!』と糾弾する女性の真の敵は男性でなく、そのポジションを願っているその他大勢の女性たちなんだよ。

あけおめの駆け引きについて

どうでも良い事ですが、私は仕事始めに一人一人に「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」という挨拶が非常に苦手です。まず噛みます。すらすらと言えません。急に振られると「あけめめしておねめとうごあいます。こと、ほほねんもよろしぐお願いいたします。」となってしまいます。

あと普段敬語で喋らない相手に対して、急にかしこまった態度をするのもとても居心地が悪い感じがします。「おかしくね?あほじゃね?」とか言っている同期との間でも仕事始めは「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」と交わしている自分がおかしくて仕方がない。


1年の最初くらい形式ばった挨拶をすることで、関係を修正するというか、相手に敬意を示すことは必要だとは頭では理解しているのですが、やはり苦手です。

とくに1月15日くらいに今年初めて電話する相手に対して何というかが問題です。その電話で、お互い普段の挨拶ならセーフ。自分が先に「あけましておめでとうございます」と言ったら自分の勝ち。相手が先に「あけましておめでとうございます」と言ってきたら相手の勝ち。年初の挨拶も出来ない無礼で常識のないアホとして一年を過ごさねばなりません。ゲーム理論的に整理するとこんな感じ。



f:id:Nanimonai:20170105122917j:plain


お互い言わないのが一番良いんだけど。相手に先に言われることによって受けるダメージを避けるために1月末になっても「あけおめ」言いたがる人がいるものだ。そういう人はリスク回避型の人間です。彼らはいつどのタイミングで「あけおめ」言うの辞めるのだろう。もしかして初めて会う人は12月だろうが「あけおめ」言ってるんじゃないだろうか。もういっその事に1月の1週目過ぎたら「あけおめ禁止」というルールを作ったらどうだろう。