読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代  アダム・グラント

ビジネス本

最近、仕事がめちゃくちゃ忙しいのは、昨年から担当している仕事が炎上しているのと、新規事業を始めたためです。昨年末ころに思いついたアイデアを少しづつ肉付けしていって、先月、本部長からゴーサインをもらいました。今までも、何度か新しいアイデアを上司に提案しては却下されて続けてきたのですが、今回は筋が良く、トントン拍子で社内決裁が取れました。社内でどんどんアイデアを褒められている間は、あれもやりたい、これもやりたいと頭がフル回転して、アドレナリン出まくり、夜もなかなか寝付けないほどでした。


しかし、いざ社内手続きが終わり、自分の事業を世の中に問うてみると、これはまた1000倍大変です。そりゃそうです。だって社内は基本的には私の味方なのだから。儲かりそうなアイデアであれば、みんな応援してくれる。でも、世の中には既存の仕組みを大切にし、新しいアイデアを嫌がる人がいるものです。今まで世の中になかったアイデアであればあるほど、その拒否反応も強い。



社内では大風呂敷を広げちまった。でも世の中は超向かい風。考えれば考えるほど、呼吸が浅くなり、心拍数が上がる毎日。頭で考えても仕方がないのだけども、「本当に大丈夫か」「俺どうなっちまうんだ」とぐるぐるネガティブイメージが回り続ける。



そんな気持ちで、すがるような気持ちで本屋を歩いていたところ、この本と目が合いました。


ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)


まさに、その時の私が欲しかった言葉がちりばめられた本でした。本屋ってこういう運命的な出会いがあるから素晴らしいですね。

本書はオリジナルな商品やサービスを世の中に出してきた人たちが、どのように困難に打ち克ち成功してきたか(また、どんなに素晴らしいアイデアが失敗してきたか)を紹介する本です。そして、彼らは特別なひとではなく「ふつうのひと」であったことも教えてくれます。「ふつうのひと」でも「独創的なこと」ができる、世の中を変えるようなオリジナルなものを作り出せるのだ、という自信を与えてくれる本です。

まさにオリジナルなことをしようとしている人への勇気の言葉を紹介します。

P40 現状を打開しようとするような人たちは、外見的には大胆で自信満々に見える。だが、その表面を剥がしてみると、彼らも恐れやためらいや自己不信と戦っているのだ。

P57 「創造性とは、自分自身に失敗を許すことだ。技術とは、どの創造物を維持するかを知っていることだ。」スコット・アダムス

P101 どんな場合も、問題はアイデアそのものではありません。実行にかかっているんです。

P107 三割の打率があれば天才だ。未来は予測できないものなのだから。早いうちに学べば学ぶほど、早く上達することができる。

P323 「勇気とは、恐れがないことではなく、恐れに打ち克つことなのだと私は学んだ・・・。勇敢なものとは恐れを知らないものではなく、その恐れを克服するものだ」ネルソン・マンデラ


新規事業というのは、毎日、ネガティブ意見との戦いです。毎日、敵に囲まれ、味方と思っていたひとに背中から刺されます。一歩進めば8方向から矢が飛んできます。それを一つ一ついなして、防いで、打ち返して、一歩一歩進むしかありません。


今大成功しているポケモンGOだって「歩きながらスマホを使って事故に巻き込まれたらどうするんだ」とか「不法侵入を促進することになるんじゃないか」とかいろんな方向からネガティブな意見に晒されてきたと思います。でも、世の中を変えた。もちろん、良い意味で。いま自動車が発明されたとしても「こんな危険なものを一般の人間が操作するなんて考えられない」「万が一ひとが死んだらどう責任をとるんだ」と大反対されたことでしょう。


どんなものでも否定的な意見はある。でも光るものがあると自分が信じているならやってみるしかない。毎日、自分にそう言い聞かせている日々です。


本書の最後の文章を世の中にオリジナルをもたらそうと頑張っているみなさんに捧げます。

P368 しかしオリジナルな人たちは、あえて苦しい戦いを選び、理想の世界を実現しようと取り組んでいる。人生を向上させ、より多くの自由を得るために行動することによって、一時的に快楽を捨て、自らの幸福を後回しにしているかもしれない。しかし長い目で見ると、彼らは世界をもっと素晴らしい場所にするチャンスを手にするだろう。中略、「オリジナルでいる」ことは、幸せに至る道としては、決して簡単なものではない。しかし、それを追い求めることの幸せは何にも代えがたいのである。

よし、明日からも頑張ろう!!失敗したって良い。とにかく全力でやってみよう。

もう誰も結婚できない 『困難な結婚』 内田樹

待望だった内田樹先生の結婚論!今までも色んなところで家族のあり方や夫婦のあり方について語られていましたが、まるまる一冊結婚論というのは初めてです。

困難な結婚

困難な結婚


内田先生の結婚論。底流する基本理念を一言で言うと”結婚は弱者のための制度”であるということです。これは完全に同意。

P24 率直に申し上げて、ご自身が「健やか」で「富める」ときは別に結婚なんかしてなくてもいいんです。その方が可処分所得も多いし、自由気ままに過ごせるし。健康で豊かなら独身の方が楽なんです。

「安定した収入があって、両親や兄弟も健在、仲の良い友達からの誘いが沢山あって、容姿端麗だから異性とのデートは絶えることがない、週末はジムで身体を鍛えて超健康、キャリアアップを目指して英語や資格試験の勉強もかかさない、年に2回の海外旅行でランデブー」なんて人は結婚しない方が良い。独身の方が絶対に楽しい。そりゃそうだ、毎日自分の好きなことだけを選択して生きていけるし、何かあった場合、失業したり、病気になったりした場合でも両親、友達、恋人が助けてくれるんだから。



弱者にとって結婚とは「自分が仕事を辞めても安定収入を得られ、相手の両親の庇護を受けられ、辛い時には配偶者がいつでも相談に乗ってくれる」ようになることです。

P24 結婚しておいてよかったとしみじみと思うのや「病めるとき」と「貧しきとき」です。結婚というのは、そういう人生の危機を生き延びるための安全保証なんです。結婚は「病気ベース・貧乏ベース」で考えるものです。

ふむふむ、なるほど。と一瞬思ったけども、落ち着いて考えてみよう。

本当に病気で貧乏な弱者が結婚なんて出来るのだろうか?



「収入が超不安定、もしくはない。家族が誰もいない。友達もいないし、見た目もマズイ。身体は貧弱で、何の将来性もない」という男性と結婚する女性はいるのか?同じ条件の女性と結婚しようと思う男性はいるのか?



いや、いない。絶対にいない。



ということは現代の未婚社会の原因は

強者は今の幸せを維持するために結婚する必要がない。そして弱者は今の不幸な境遇を抜け出す手立てであるはずの結婚をする術がない。つまり、結婚とは弱者でも強者でもない普通の人にしか出来ない。そして格差社会が強化される中、世の中は強者と弱者ばかりになってしまったことじゃないだろうか。


上記強者の条件の中から、一部は満たすけども、全部は満たさない人同士だけが、お互いを補填し合うために結婚できるのではないだろうか。


うちの例で言うと、「安定した高収入があって、両親や兄弟も健在、仲の良い友達からの誘いが沢山あって、週末はジムで身体を鍛えて超健康、毎日勉強ばっかりしてて将来も諦めていない、家事も出来る、趣味も多い。でも見た目が不味い。とにかくモテない」のが私。

「仕事すぐやめて、家族誰もいない、性格がめちゃくちゃすぎて友達も全然いない、身体も病弱で、毎日ゲームばっかりしてる、家事もやらない。でも顔が可愛くてスタイルが良い」のが奥さん。


結婚することで私は「見た目とスタイルの良い女性」を手に入れることが出来た。一方、奥さんは「安定した高収入と、いざという時頼れる親戚と、家のことをなんでもやってくれて相談に乗ってくれる男性」を手に入れた。WINWINだ。(1勝3敗だけど)

資本主義が増強されればされるほど、強者はより強者なり、弱者はより弱者になっていく。ボードゲームモノポリーがリアルな世界になりつつある。そんな世界で結婚なんて出来るわけがない。だから、もう誰も結婚できないんだよ。




その他、内田先生による金言をご紹介します。


離婚後、自分で家事育児をした経験を振り返ってこう言います。

P140 お金を稼ぐことも、家事労働も、それ自体はたいした負荷じゃないけど、それを家庭内で適切に「シェア」することは絶望的に難しいことなんだとしみじみ思いました。

夫婦ってお互い、自分が相手にやってあげたことは覚えていても、相手がやってくれたことは過小評価してしまいます。だから適切なシェアなんて絶対できない。お互いがお互いに不満を持ち続ける、それが夫婦の家事分担なのです、マジで。


結婚すると自分の好きなことが出来ない、責任がある、人生に制約ができると考えている人への言葉です。大人の言葉ですね。

P143 僕たちは「人から頼られるような人」になろうと思って、子供の頃から努力してきたんじゃないですか?何かあるとまず意見を求められる。困ったことがあるとまず相談される。「これはあなたにだけ打ち明けるんですけど」と告白される。議論がもめたときに「こうなったら、あなたが決めてください」とみんなから一任される。「あとのことはキミに任せた」と社長から会社を丸ごと委ねられる----そういうふうに「頼られる」人間であることが、社会的な成熟度や能力の指標であるのではないですか?

子育てで、キャリアに遅れが出てしまうんじゃないかと恐れている人へ。人生全て経験やで。でも本当、子育て経験したことがある上司とそうでない人では、指導の仕方が全然違うからね。

P153 だから、生きているだけで勉強なんです。街中で、人々に交わって生活すること。それが哲学修行なんです。無駄な時間なんかないんだ。そう思ったら、全然焦らなくなりました。育児のせいで時間が削られて、自分が本当にしなければならない勉強ができなくなるというふうに思わなくなった。


愛の本質をつくお言葉。玉置さんの「愛がある」にも通じる。

P166 よくラブソングの歌詞に「抱き合っていても、この人の心はもうここにはない」というようなのがありますけれど、これは話が逆だと僕は思います。「心がここにない人」とでも「抱き合う」ことが出来る。「愛してる?」と訊くと「もちろんだよ」と笑顔で答えてくれる。それでいいじゃないですか!なにを文句言ってるんですか!理解も共感もできない人と、それにもかかわらず抱き合うことができる。お願いすると「いいよ」と答えてくれる。こちらも頼まれたことは「はいよ」とやってあげることができる。素晴らしいことじゃないですか。「愛の奇跡」というのはそのことを言うのだと僕は思います。


結婚している人は、「そうそう、結婚って本当大変だよね」というあるあるが見つかると思います。(道でばったり大学時代の同級生の女の子にあった日に限って「今日なんかあったでしょ」と言われたり)結婚していない人は、「あぁ、自分は結婚できないし、しなくていいな」と思うと思います。

結婚は弱者救済のシステムのはずだったけれども、もう誰も弱者を救ってくれない。結婚という仕組み自体がなくなっていくんじゃないかな。

人生は楽しいかい? ゲオルギー・システマスキー

ビジネス本

最近、自分が担当しているあらゆる仕事が炎上して、朝から晩まで仕事漬けです。平日ジムに行く時間も作れず、休日は翌週の対策を考え続ける日々です。これはこれである意味充実しているので、別に良いのですが、何とか気持ちだけは落ちつけたい。

こういう時は本屋に行くと、なんだか今の自分の気分にぴったりの本に出会えたりするのです。
(私はこれが紙の本がいまだに電子書籍に代替されない第一の理由だと思う)

そこで目についたのがこの本。

人生は楽しいかい?

人生は楽しいかい?

別に人生が楽しくないわけではなかったのですが、「なんとなく大丈夫」という感覚を身に付けたくて手に取りました。内容はといいますと、システマというロシア特殊部隊から生まれた格闘技の考え方を人生に応用していくお話です。

ステマの思想を体系的に整理して説明する本ではなくて、うだつのあがらないサラリーマンがシステマを学んでどう成長していくかを描く物語です。「夢を叶えるゾウ」とか「大富豪アニキの教え」みたいな本に近いかもしれません。


ステマの教えはどれも本当に基礎的なことばかりです。基本的なことを忘れていたよ、あはは、という人には良いアドバイスかもしれませんが、こういった自己啓発マニアの私にとっては、「うん、そうだよね」ということばかりであまり真新しさはありませんでした。


呼吸を意識しようというのはシステマのキーになっているのですが、私の場合、呼吸を意識し始めた途端、どうやって息したら分からなくなって余計息苦しくなるので、ダメでした。


ステマの伝道師ゲオの関西弁は、外国人っぽい関西弁の面白さが皆無で上滑り気味でした。ここをもっとコナン君みたいな「変な関西弁」にすれば面白かったのに、と思います。

自己啓発の入門書としては良いかもしれませんが、「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」とか「筋トレが最強のソリューションである」を読んで頭にガツンと来た人には物足りない本かと思います。


nanikagaaru.hatenablog.com
nanikagaaru.hatenablog.com
nanikagaaru.hatenablog.com

私の消滅 中村文則

小説

私の消滅

私の消滅


現代の全力小説家、中村文則先生の最新作です。

物語は複雑ですが、登場人物は少ないので、交錯しながらもすっきりまとまった本です。精神医学の歴史や治療法など細部にわたって研究されていて、人間の心がぶっ壊れていく描写が非常に生々しい。


恋愛とは相手の人生に加担したいと思うことである、とすれば全てのカウンセリングは恋愛に通じているのかもしれません。友達の悩み相談が恋愛に発展したとか、旦那の愚痴を言っていたら不倫関係になったとかよくある話。あなたの役に立ちたい、誰かを助けたい、という気持ちを人間が持ち続ける限り、恋愛を抑制することは出来ないのだと私は思う。


いやいや、私は不倫も、浮気もしていませんよ。一般論として、結婚していようがしていまいが、医者だろうが政治家だろうが、タレントだろうが落語家だろうが、恋愛を抑制することはできないんだよなぁと思った次第です。


面白くて一気読みできます。おすすめです。

大人の恋愛をしている人が聴きたいASKAのラブソング5選

音楽

ASKAは天才です。

メロディメーカーとしても天才ですし、唯一無二のボーカルとしての表現力をとっても天才です。

今回、紹介したいのはその深い恋愛への洞察です。

ここまで男と女の複雑な気持ちに入り込んだラブソングを作る人を私は他に知らない。

ASKAの作った素敵なラブソングは沢山ありますが、中でも大人の複雑な恋愛に入り込んだ名曲を紹介します。

着地点


ASKA - 着地点

間奏のギターソロと大サビの

手を離れた紙飛行機が落ちるまでの時間さ

の流れとメロディラインは神がかってますね。

君と僕ではどっちが悪いんだろう

君と僕ではどっちが痛いんだろう

何度問いかけても頭をぐるぐる巡っていく。

Girl


[MV] GIRL / ASKA


前奏のガットギターの渋い音色、鳥肌が立ちます。ここにドラムの心地よいリズムパターンがハマります。

どう考えても不倫の曲。

愛ならどこにあってもいい、言葉の中にでも涙の中にでも


報われない恋愛をした人なら染みるフレーズですね。


鏡が映したふたりでも


CHAGE and ASKA / 鏡が映したふたりでも

これもGirlと同様アコギのリフが心地よく響きます。

愛する人を愛したいだけ
愛せる日まで愛してみる

というフレーズは後期ASKAのキーフレーズになっていて、コンサートや他の歌の間奏に織り込んだりしています。

コンサートで、さらに続くのが、

いつかうまれてくる自分のために

というフレーズ。最初にきいたときは難解すぎて、頭がいっちゃったのかと思いましたが。最近、いつかうまれてくる自分のためにって、すごい含みを持った言葉だと気付きました。



説明します。




それは、いつかうまれてくる誰か、ではない。自分なのだ。我々は一見、愛するあの人を自分ではないような気がしてるけど、本当は自分なのだ。いつかうまれてくるのだ、自分が。それが自分じゃないと言い切れるだろうか?その人を自分だと思って愛そう、そういう愛だ。



もっと訳わからないことをいうと、時間軸なんて取っ払っちゃうの。あなたはいつか生まれてくる自分なの。あいつもこいつも、本当は全員、いつかの自分なのかも知れない。だとすれば、愛する人を愛して何が悪いのだろう。そういう話だ、たぶん。



C-46


[MV] C-46 / ASKA


[MV] C-46 / CHAGE and ASKA


これはもう説明不要の超名曲です。この歌をモデルにドラマも作られましたね。私もこの曲を聴くと大学時代に付き合っていた彼女のことを思い出します。


上のASKAソロバージョンも万感の思いがこもっていて素晴らしいですが、元祖チャゲアスバージョンも素晴らしい。

特に1番2番3番のサビを聴き比べて下さい。1番2番はChageが下のパートをハモっています。

でも最後のサビはChageは上のパートをハモっているのです。すごい存在感!しかもこのハモりのメロディも綺麗で切ない。これがCHAGE&ASKAと他の凡庸なデュエットとの違いです。

Man and Woman



[MV] Man and Woman / CHAGE and ASKA

この曲は半端じゃない。凄まじい。聴けば聴くほど深みが滲み出る。ASKAの最高傑作のうちの一つと思う。

1番の窓の雫を男女のめぐり逢いと重ねる表現。これが叙景的な叙情詩。
2番の雲の流れをロマンチックに表現する技法は叙情的な叙景詩。

いつの日か生まれてくる自分のためにというキラーフレーズはこの歌で生まれました。

Sky and Land Black and White Dream and Real
傾きあいたい Man and Woman
Right and Left Lie and Truth Night and Day
愛に近づくMan and Woman

というラストに鳥肌が立つ。近づくのはお互いではない。愛にだ。重なることはできない。同化することも出来ない。でも、限りなく近づきたい。それがMan and Womanなんだ。









いかがでしたでしょうか。
え?お前不倫してるだろって?!ち、違いますよ!ドキー!!





不倫はしていないですが、毎日心うろたえる日々で。
ただこの曲たちを聴いて愛の深みを味わうだけで生きてるって感じがするのです。

悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略

人文科学

悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略

悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略

内田樹先生のお悩み相談教室なんですが、なぜか政治の話が多いです。

安倍政権はどうですか?朝日新聞の対応は?日韓関係は?経済格差は?

うん、これ本当に皆さんの悩みなの?テーマでかいな!!


内田先生は何でも答えられる天才だから、面白い答えを返してくれるけれども、そういう専門分野がいる話題はそっちに聞いてあげれば良いのに、と思う。もっと個人的でまったく汎用性のないことを聞きましょうよ。


結婚したのに職場に好きな人が出来て、その人も私のことを好きみたいなんです、どうしましょう、みたいな。
これじゃ発言小町か。


結婚してから自分の時間もお金も全くなくて、何が楽しいのかわかりません、みたいな。
これじゃSPAか。


結婚してから風俗にはまって、風俗嬢に恋をしました、みたいな。
これじゃリリーフランキーの悩み相談か。


大学時代に好きだった人がテレビ局に就職したのを聞いていたのですが、卒業後10年経って、突然その子が担当しているNEWS番組のディレクターから取材したいと連絡を受けました。これはワンチャンありますか、とか。
うん、これはリアルなやつだ。今の私の状況だ。


全部内田先生に相談してみたいなぁ。

速さは全てを解決する『ゼロ秒思考』の仕事術 赤羽雄二

ゼロ秒思考の続編的な位置づけです。メモ書きを実践して、自分の劇的成長を感じが方はぜひ、この本も手に取られると良いと思います。


速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術


ゼロ秒思考を実践すると地頭が鍛えられ、めきめき頭の回転が早くなります。これはすなわち、全ての仕事を早く、効率的に、間違いなく進めることにつながるのですが、本書では、さらに具体的なアドバイスにまで踏み込みます。

メールの打ち方、パソコンの単語登録、PCファイルの作り方、会議の進め方等。


なかでも印象的だったのはこの三つ。

マトリックスフレームワークの練習

縦に好き/嫌い、横に得意/不得意のボックスを作って、好きで得意、好きで不得意、嫌いで得意、嫌いで不得意の4象限で自分のやってきたことをまとめる、みたいなフレームワークのことです。「物事を理解する」というのは、それが何でないか、を線引きすることです。蝶々と蛾の違いを判別できて、はじめてこの2種類を認識できる様に。(厳密にいうと明確な線引きはないらしいですが・・・)

このフレームワークは何でないかを明確に線引きする練習になります。それはつまり、物事を的確に瞬時に理解する練習ということです。


上記の4象限で自分のやってきた仕事について書いてみると、自分が将来何を目指すべきかわかってくるかもしれない。休日にやることについて書いてみたら、残りの人生で何を成し遂げたいかわかるかも。人間関係でも良い。


この練習もメモ書きと一緒にやっていこうと思います。


ポジティブフィードバック

人間ダメだしされるよりも、褒められた方が気分が良い。気分が良い方がやる気があがるし、もっと頑張ろうと思える。だからフィードバックは基本的にポジティブにするべき、という赤羽さんの人間観が素敵です。私もこういうリーダーについていきたい。こういうリーダーになりたい。


避けるべき人もいる

人間は基本的に頭が良い、人は褒めた方が気分良く効率が上がる、というとても前向きな人間観を持っている赤羽さんが言う、というところに説得力があります。ホントにそう思う。

何度話してもその度に嫌な思いをするような相手、毎回毎回揚げ足をとり、ねちねちと絡むような相手、どう言っても結局はこちらが悪いという結論にしかならないような相手、なぜか常に嘘が多い相手とは、まともにやり取りしようと思わない方がよい。相手は正常ではないからだ。

こういう相手は、問題が起きるのはこちらのせいだと言い張り、多くの場合、それを信じ込ませる。こちらが悪いから相手の機嫌がこんなに悪い、相手が嫌な思いをしている、と考えてしまうように仕向ける。思い当たる症状に関してネットで調べれば詳しい説明がすぐ見つかるはずだ。

もしそうだったら、逃げ出すしかない。接触そのものが災いを呼ぶ。全力、最速できっぱりと線を引く。いっさい関わらないようにする。

世の中にはどうしても合わず、一緒にいるだけで嫌な気持ちがしてくる人がいるものです。相手が全面的に悪いならまだ良くて、「自分が悪いような気にさせてくる」というところがやっかいです。これは本当に気分が滅入ります。だって原因は自分、のような気がしてるんだから。

でも、赤羽さんのいう通り、そういう奴とは離れた方が良い。間違いない。うん、そうしよう。



この本も示唆に富んでいますが、まだの方はまず『ゼロ秒思考』をオススメします。

nanikagaaru.hatenablog.com